株式投資について

チャート

チャートというのはもともと表や図・グラフの事を指し、視覚的に変化や推移が分かりやすいようにまとめたものですが、株式投資におけるチャートは対象の株式の価格の変動などを表した図表で、対象の情報の種類や作成方法によってさまざまな方法を用いています。株価のチャートで一般的に知られているものは「ローソク足」と呼ばれているチャートで、投資家の知りたい情報が多く分かりやすく表されている万能チャートです。

ローソク足では株価の動きを分かりやすい図で表しており、その日の寄付き時(その日の一番初め)の株価である「始値」、その日の大引け時(その日最後)の株価である「終値」、その日についた最も高い株価である「高値」、その日についた最も安い株価である「安値」が一目で分かるように工夫されています。ローソク足で示される図にはいくつかのパターンがあり、それらを注意深くみていくことで単純に株価の動きが分かるだけでなくその株式についての投資家の心理状況まで読み解くことが可能になります。インターネットで検索をかければ沢山のチャートを見ることができますので、詳細は実際のローソク足をみながら勉強してみると良いでしょう。

株式投資で用いられるチャートはローソク足以外にも多数存在します。具体的には指定した期間の終値平均をグラフにした「移動平均線」、株価動向やトレンドなどが一目で分かるように表示された「一目均衝表」、一定期間内の株価の上昇下落幅を計算し、株の買われすぎや売られすぎを予測する「RSI」、一定期間内の最安値を基準として現在の株価が買われすぎか売られすぎかを予測する「ストキャスティクス」などがあります。はじめから全てのチャートについて知っておく必要はありませんが、それぞれ特徴のあるものなので余裕が出てきたときにでも知識として知っておくと良いでしょう。

DOMO NET
ここは最新アルバイト情報が満載です