株式投資について

株価が上下する仕組み

企業の株式の価値が上下するのはもちろん企業自身の努力や研鑽によってその価値を高め、結果として株価が上昇する場合がありますし、逆に業績が悪化したために株価が下がって仕舞うという場合があります。しかし株式投資における株価の上下はそれだけが原因ではありません。

ここで地方税天使申告について解説しています。

株式に限らずモノは売りたい人と買いたい人がいるためにその時々の適正な値段がつくものです。例えば新機能を搭載したテレビが販売されるとします。これは市場に出回っておらず、買いたくても数が限られている状態ではその価格は高くつきます。これがある程度市場に出回り、買いたいという人も以前より少なくなった状態になればその価格は販売当初よりも下がってきます。

株式の場合でも同様に、ある株式に対して買いたい人が売りたい人よりも多くなればその株式の値段が高くなります。反対に買いたい人が売りたい人よりも少なくなればその株式の値段が安くなります。このような人々が数多くおり、その数は毎日常に変動しているのでそれに伴って株式の価格も刻一刻変動していくのです。株式投資をする場合、そのような投資家の心理状況を踏まえて先手を打っておくということも必要です。そのためには政治や経済の動きに敏感になるように、日々の情報収集を怠らないように心がけなければいけません。

関連リンク