株式投資について

財務諸表を読む

株式投資をするためにその企業について情報を仕入れようとしたばあい、押さえておきたい内容のひとつは現在の財務状況ではないでしょうか。業績も当然気になるところですがその企業の体力や将来性などはぜひ知っておきたいところです。そのような企業の体力=財務状況を知る手がかりとなるものが財務諸表です。財務諸表はいくつかの表や報告書を総称した呼び方ですが、そのなかで特に重要なものが3つあります。それは「貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)」「損益計算書(そんえきけいさんしょ)」「キャッシュフロー計算書」です。

財務諸表のうちの「貸借対照表」ですが、これは現在の企業の資産状況を表した表です。企業が保有している資産について項目別に分けて表記し、その資産をどうやって調達したかもあわせて記載されています。これにより抱えている資産は借り入れによる調達が多いのか、自己資本(株主資本)の割合が多いのか、などの財務状態がわかるようになっています。

ふたつ目の「損益計算書」は一定期間(通常は一年間)でどれだけの利益をあげることができたかを表している財務諸表です。利益の種類は企業活動本来の利益である営業利益、本業以外で定期的に発生する営業外利益、突発的に発生した特別利益に分けて表記されており、企業がどういう利益を挙げることができたかを知ることが出来ます。なお赤字の場合は「利益」の部分が「損失」という時に置き換えられます。

三つ目の財務諸表は「キャッシュフロー計算書」です。これは企業内にある現金がどのように推移していったかを示す表です。企業がいくら収益計算上黒字だとしても現金がないとその後の企業活動に支障が出ることは容易に想像できます。そのためその企業が無理なく活動を展開していけるかどうかは現金が手元にどれだけあるかという事にかかっています。それを表にして公開することで企業の財務状況を深く読み取ることが可能になってきます。

関連リンク