株式投資について

投資の基本

株式投資といえば一攫千金というイメージが少なからずあると思います。実際株式投資で大儲けを実現できた人は多数いますが逆に大損してしまう人もまた多数います。資金がいくらでもあれば些細な点は気にしなくても良いでしょうが現実にはそうはいきません。そこで株式投資に限らず投資を行ううえでいくつか心がけておきたいことがあります。

カシスについてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて

まずひとつは「小額からはじめる」ことです。今現在まとまった資金があるからといって初心者がいきなり多額の投資を行うのは無茶もいいとこでまさにギャンブルと同じです。投資はギャンブルとは違い、しっかり計画を立てて行うものです。まずは多少損をしても構わない範囲でやってみて、株式投資のしくみや方法などを具体的に体感することに努めましょう。利益を求めるのはルールを把握してからでも決して遅くありません。

つぎに「分散する」ことです。分散というのは購入する株式の銘柄を分散することや取引を行う証券会社を複数持っておくなどで、リスクを軽減することが目的です。儲かる銘柄だといって一点集中で資金を投入すると、万が一その銘柄で失敗すると大きなダメージを負ってしまいます。また証券会社は手数料の違いや情報の量や早さ、取引の手軽さなど意外と違いがあるものです。そこで分散することを心がけると万が一の時のリスクを抑えることが可能になります。

もうひとつは「中長期で考える」ことです。株式投資は株式の価格が目に見えて変わっていくのでそれだけをみて一喜一憂しがちですが、短期的な売買を行う上級者でなければあまり気にしても仕方ありません。またそのような売買は比較的上級者や専門家が行う場合が多いので、初心者が行うには少しハードルが高いです。半年や1年またはそれ以上保有しておくつもりで行えば気持ちも落ち着いて投資を行うことが出来ますし、売買のタイミングもあわてて行う必要はありません。結果として利益を得やすい方法だともいえます。