株式投資について

株式投資の基礎用語

現在は以前に比べて格段に株式投資を行いやすい環境になっており、個人でも気軽に投資家として株式の売買を行うことが出来るようになっています。しかし株式投資は株式の売買が出来るだけではなく、実際に利益を得ることが目的のはずです。そのためには株式に関するある程度の知識が必要になってきます。これらの知識が無いまま闇雲に投資を行っても利益を出せるはずがありません。基礎知識についてはいくつかありますが、ここでは利益の種類について述べていきます。利益には二種類あり、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」がそれにあたります。

キャピタルゲインとは株式を売買することで生じる利益の事です。売却益ともいいます。例えば10万円で購入した株式を20万円で売却すると10万円の儲けになります。このときキャピタルゲインが10万円、ということになります。株式投資を行う場合は主にこの利益を得ることが目的となります。逆に10万円で購入した株式を8万円で売却した場合は2万円損したことになり、キャピタルロス(売却損)が2万円という表現をします。

インカムゲインとは株式を保有し続けることで得られる利益の事を指し、配当金がこれにあたります。中長期的な成長が期待できる企業の株式はこの配当金を狙って保有し続けることも悪くありません。また銘柄によっては株主優待という表現でその企業から割引券や食料品、オリジナルグッズなどの優待品をもらえることがあります。これもインカムゲインに相当するもので、もらえる優待品を金額換算した場合に結果的に高利回りになることもあります。

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。